新フロアメンテナンス

コラム2では、従来のフロアメンテナンス方法(詳しくはコラム1をご一読ください)の問題点を解決する新フロアメンテナンスをご紹介いたします。

コラムPoint

新メンテナンス方法のメリットは、

①コストのかかる剥離洗浄の回数が減る

②黒光りした床が出来づらい

③WAXを塗布する事が少ない為、現場でのお客様の歩行の邪魔になりづらい

従来のフロアメンテナンスには、回を重ねるごとにWAX層が増えていってしまうという問題点がありました。WAX層が増えると床本来の色味が失われ黒光りした床が出来上がってしまいます。もちろん床材の保護にはなっていますが、美観面を考慮するとどうしても剥離洗浄が必要になってしまいます。そこで、近年、新しいメンテナンス方法が誕生しました。

中間剥離剤

ツイスターパッド

バフ機


中間剥離剤・ツイスターパッド・バフ機を用いた新メンテナンス方法です。このメンテナンス方法は、従来のWAX層を作っていく方式ではなく、WAX層を使っていく方式です。まず初めに床材に対して5枚のWAXを塗布します。次に、

バフ機を用いて一番上のWAX層を堅くしていきます。バフ機はポリッシャーよりも高速に回転する機械で、回転と摩擦により表面の傷を消し(=表面が平らになる為光沢も復元します)、WAX層を堅くしていく事が出来ます。

そしてツイスターパッド。このパッドは従来のパッドと異なり床を磨きながら汚れを落とすことが可能です。つまり、WAXを塗布することなく、光度を維持する事が出来ます。とはいえ3回に一度程度は光度を維持するためにWAXを塗布しますが従来のメンテナンス方法に比べ格段にWAXを塗り重ねる回数が減少します。

そして、中間剥離。中間剥離とは従来のWAXを全て取り除く剥離ではなく表面2層のWAXを取り除く剥離です。5層塗られたWAXの内、傷ついたり汚れたりする層はバフをかけていれば上2層くらいなので、下3層まで剥離してしまう必要はありません。その後1層WAXを重ね中間剥離終了です。

※但し、重度の汚れのある現場や定期清掃の回数が少ない(出来れば毎月実施)・床材の種類が合わない場合には効果が薄い場合がありますのでご注意ください。事前の現地調査をおススメ致します。

↓『参考になった!!』と思われた方、是非シェアをお願い致します。↓